<< ターミナル駅の前に歩くセフレ | main | 霧島で出会いたいよくできた人物 >>

霧島の出会いの扉を開いた

0

    深夜23:00前後に加えて台風。私がカウベルを横に振って重い扉を開いたとき、私は昔ながらのバーテンダーの優しい笑顔に触発された、10席の霧島の出会いの最後の席に座った。


    ジャックダニエルのロックで焼きベーコンのスライスを注文してください。

    霧島の出会いが好きな主人につけられている間、それは他の愛なしで話で花を咲かせていました。

    「近くにいますか?」

    霧島出会い

    「ほんの1週間前だけど、さくらの家という洋風の建物に行ったことがある」

    「良かった、住民がいた。どういたしまして。」

    「霧島の出会いの西洋風の建物に住むことにうらやましい限り、いいスペースがありましたね。」

    「えー、私は不動産業者が仕事に関する知人であることを偶然知っていました、そして私は私のことを聞きました。」

    「その西側様式の建物の所有者、そのすぐ後ろの家の主人は、敗北の時代にアメリカによって没収されました。

    deaikazoku8 * 霧島 * 20:58 * comments(0) * -

    コメント

    コメントする









    このページの先頭へ